園だより

School Letter



 「切りかえことば22」 という本を読んでいます。大人が子どもに語り掛ける言葉の重要性が語られており、気持ちを表す切りかえ言葉として「仕方がないね」が挙げられています。子どもに語り掛ける「仕方がないね」には、未来を期待させる面があります。それはその後に、「また今度ね」や「次はやろうね」などが続くからです。仕方がない、と諦めることによって前に進む力が湧いてくる。「暑いね」、「仕方ないね」、「水浴びちゃう?」キャー!!

園長 山田 裕宇記





 朝の会や給食前などでピアノの音が鳴ると、子ども達は楽しそうに身体を揺らしています。歌が好きな子が多く、季節の歌を楽しみ、新しい歌も楽しそうに聞いてくれます。梅雨があけるまで、子ども達が五感で楽しめる室内遊びをたくさんしていきます。また、これからプールや沐浴も始まります。天気のいい日には水遊びをして、楽しく過ごしていきたいです。 

宮澤 美幸





 梅雨入りし、じめじめと蒸し暑い日が続いていますね。子ども達は、梅雨の合間の晴れの日を喜び、戸外で元気に遊んでいます。朝の体操では、夏まつりの盆踊りを踊ったり、七夕の製作をしたり、7 月の行事を楽しみにしています!また、子供達が待ちに待ったプールも始まります。夏ならではのイベントを、子供達と一緒にに楽しみながら、過ごしていきたいです。  

橋本 綾子



 梅雨に入り、蒸し暑い日が続いています。子ども達は、晴れ間を見つけては大喜びで泥だんごを作ったりダンゴムシを見つけたりして遊んでいます。七夕や夏祭り、プール開きといった楽しい行事が盛り沢山の7 月です。思い出に残るような、楽しい行事にする為に張り切って準備を進めています寒暖差に気を付けけ、こまめに水分補給をとりつつ、元気いっぱいに過ごしていきたいと思います。    

長岡 茉奈



 きりん組では、約1 ヶ月ごとに席替えを行なっています。今回は席替えと同時に、新しい席のお友達と「夏」をテーマに、グループの名前を決めてもらいました。話し合いでは、「夏だからアイスがいいよ!」や「かき氷がいいな」と意見を言う声が聞こえました。はお互いの意見を交換する機会を意識的に持ち、主張と受容を自然にできる関係を築くことのできるよう、配慮していきたいと考えています。

國井 智里



 もうすぐ夏祭りということで、朝の体操では元気よく盆踊りやよさこいを踊っています。プール開きも控えているので皆で楽しく夏の雰囲気を味わえればいいですね。最近のぞう組はひよこ組の午睡のお手伝いしに行ったりしています。年下の子どもを慈しむ。保育園に通う子ども達が自然と身につける優しさです。みんなに優しくできる子ども達になってもらいたいです。            

高田 絵里菜



平成29年度  4月 | 5月 |  6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成30年度