園だより

School Letter



 未知と既知。この言葉の間には発見し、 体験し、経験になり、知識になる過程と共に喜びの感情があります。赤い何かとだけ知覚されていた獅子舞が、成長とともに恐怖の対象となり、次には面白おかしいものになり、思春期には見向きもしなくなり、そしていつかお正月のアイコンとして親しみを覚える様になる。そんな「当たり前」の中にある喜びを一緒に感じる事ができる。保育園って、本当にいい場所ですね。
 
 

園長 山田 裕宇記




 段々と寒さが増していますが、子ども達は元気に過ごしています。お散歩の声掛けをすると、以前は「やって」 とくつ下を持ってきていましたが、自 分で履こうとしたり、友達のくつ下を履かせようとする姿が見られ、成長を感じます。やってみようとする気持ちを大切に、子ども達に寄り添って見守っていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願い致します。

宮澤 美幸

 



 子ども達の「あけましておめでとうございます!」の元気な挨拶と共に新 年が始まりました。久しぶりの登園に そわそわしながらも、友達との関わりを楽しむ姿が見られました。お正月週間では手作りのコマや凧上げなどをして遊びたいと思います。また、寒さに負けず元気一杯に過ごしたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。

川村 真理子



 あけましておめでとうございます。平成30 年がスタートしました。 久しぶりに笑顔で元気いっぱいに登園して来てくれて嬉しいです。短いお休みでしたが、顔つきや身体もひとまわ り大きくなり、成長が見られます。1 月の保育園ではお正月遊びやお餅つきなど楽しい行事がいっぱいです!気持ちを改め、今年も笑顔いっぱいで保育していきたいと思います。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

長岡 茉奈



 新しい年が明け、子ども達は「お年玉もらったよ」「おばあちゃんのところに行ったよ」と冬休みの出来事を嬉しそうに話してくれました。4日から12日までお正月遊び週間があります。コマでは上手に紐を巻けるお友達に、巻き方を教えてもらいながら挑戦してみたり、けん玉もお皿に入るように慎重に行う姿が見られます。今年も元気いっぱいに過ごせるよう、体調に気を付けて過ごして行きたいです。

國井 智里



 年が明け、みんな元気に登園してきてくれました。伝統的な遊びやもちつきをしながら、お正月気分をみんなで感じていきたいです。先月から始まった運筆の練習では、山田園長の面白いお話を聞きながら楽しく取り組んでいます。手を挙げる、みんなの前での発表など、就学に向けてのいい機会となっています。卒園まで残す所3ヶ月、みんなでたくさんの楽しい思い出を作りたいと思います。

高田 絵里菜



平成29年度  4月 | 5月 |  6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成30年度