園だより

School Letter



 3月はひな祭り会、そして卒園式と締めくくりの行事が行われます。竹の『節目』は、病気や害虫を防ぐ役割や折れづらくする効果があるそうです。保育園で過ごす年月は過ぎてしまえばあっという間。でも、ご家庭からの深い愛情と集団生活の中で体験した様々なことは確かな糧となっています。保育園の生活を一つの節目と区切りをつけ旅立つ背中。そこに自信が感じられるのには、ちゃんと理由があるんです。
 
 

園長 山田 裕宇記




 
 ひよこ組は何に対しても意欲的で 「もう一回!」と朝の体操や歌、絵本を何回もリクエストしてくれます。目を輝かせて取り組む姿に「大きくなった なぁ」と実感しています。ひな祭り会では、そんな元気な姿を保護者の皆様と一緒に喜びたいです。そして安心して進級できるように、成長をみんなで喜び合い、理解し合いながら園生活を楽しみたいと思います。  

柴田 花子

 



 このメンバーでのうさぎ組の生活もあと一ヶ月となりました。子ども達は 沢山のことが出来るようになり成長が感じられます。ひなまつり会では劇『お おきなかぶ』をします。一生懸命かぶを引っ張る姿や可愛いポーズがあるので楽しみにしていてください。子ども達と一緒に春を感じながら1日1日楽しく過ごしていきたいと思います。

川村 真理子



 まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が伸びてきて、子ども達は思う 存分に園庭遊びを楽しんでいます。練習をしてきたひな祭り会もいよいよですね!歌や踊りが大好きなこうま組はとても楽しそうに練習に取り組んでいます。楽しく踊るだけでなく、隊形移 動にも挑戦し、互いに声を掛けながら 一生懸命な姿に成長を感じます。元気いっぱいに踊る姿を保護者の皆さんといっしょに喜び合える事を楽しみにしています。

長岡 茉奈



 
 ひなまつり会では、「どうぞのいす」の劇に挑戦します。自分たちが劇で使 う背景を絵の具で塗ったり、小道具の 食べ物を子どもたちと一緒に作りました。手作り感溢れる劇、また一つ成長した姿を、ぜひ楽しみにしていてくだ さい。きりん組での生活も残り1 ヶ月、 泣いたり笑ったり、行事を通していろいろな経験をしてきました。たくさん思い出を作り、笑顔でぞう組に送り出せるよう保育に取り組んでいきます。

國井 智里



 長かった保育園での生活も終わりが近づき、小学生への一歩を踏み出す最後の準備期間に入りました。小学生になるという自覚とともに期待も膨らませ、考えや発言もお兄さんお姉さんらしくなったと感じます。卒園式当日は立派に成長した姿を見せてくれるのが楽しみです。この3年間、子ども達と一緒にたくさん笑って、充実した時間 を過ごさせていただきました。たくさんのご協力をありがとうございました。

高田 絵里菜



平成29年度  4月 | 5月 |  6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成30年度